パピヨンの無駄吠えのしつけ方はある物を使うと簡単にできます。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

パピヨンの専門サイト

パピヨンの無駄吠えのしつけ方

パピヨンは小型犬です。

パピヨンが無駄吠えして困っている、このような悩みがある飼い主さんは、近所迷惑も考えて早急に対処したいという方が多くいます。

まずパピヨンが無駄吠えする理由については、「警戒心を示している場合」、「何かを要求している場合」、そして、「何かを飼い主に知らせている場合」、この3つのパターンが考えられます。

この中でもっとも困ってしまうのが要求です。特にパピヨンは子犬の時から甘やかして育ててしまうと、要求することが増えて、始終無駄吠えをしてしまいます。

そして、その要求に応えてしまうと、ますます甘えを訴えるようになり、なかなか治らなくなっていきます。ですので、遊んで欲しいことが分かったとしても、その要求には応えずに無視することが必要です。

無視する時間は約15分程度、サークルに入れておいてそのまま無視してしまうとパピヨンも疲れてしまいますし、もしそれでもおさまらない場合は、部屋を出てしまうのもよい方法です。

部屋を開けても音は聞こえると思いますので、そのまま聞こえなくなったら戻ってスキンシップをとってあげるのもコツです。吠えられると頭も痛くなりますし、飼い主にとっても我慢のし時ですが、繰り替えしていくことも必要です。

もっともよい方法は、パピヨンを連れてきたら無駄吠えする前からしっかり遊んであげること、抱っこしたり撫でてあげたりして、構ってくれることをアピールすることです。

しつけは何事も先手です。早めに学習させてしまえば後の苦労もかなり救われます。警戒心を示している場合、例えばお客さんが入ってきたときに吠えたら飼い主がしっかり止めることができる程度になっていること、また何かを教えている場合はそれが何かを察知してあげることが大切です。

もし、あなたがパピヨンの無駄吠えにほどほど悩んでいるのであれば、当サイトで紹介するしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにパピヨンのしつけで困り果てていた延べ10000人の飼い主さん達が、短期間でパピヨンをいい子にすることに成功しています。

きっと、このしつけ教材があなたのパピヨンをいい子にさせるきっかけになることは間違いないと思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。