パピヨンの噛み癖のしつけ方についてお伝えしていますので、飼い主の方は参考にしてください。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

パピヨンの専門サイト

パピヨンの噛み癖のしつけ方

パピヨンはとてもいい子な犬です。

パピヨンの子犬の噛み癖は、多くの飼い主さんが悩んでいる1つです。やはりできるだけ早くから治したいと思うのが常ですが、パピヨンの噛み癖を治す方法については、なかなかやっかいに感じている方も多いようです。

しかしどうにも治さなければ上手に飼うこともできませんし、愛情を持って接することもできません。

また他人に危害を加えてしまっては大変ですので、しっかりとコツを使って行うことが大切です。まず一般的な方法として、噛まれたらそのまま口の中に手全体を突っ込んでしまう方法があります。

パピヨンはこの方法をかなり嫌がるものですし、遊ばれている間に噛まれたらこのようにすると印象的でますます効果が大です。

噛みたいという衝動はどんな犬にもあるものですが、噛むと痛くなると覚えさせるのはやはり有効です。パピヨンが子犬の場合は、手を突っ込むスペースが無い場合もあります。

このような場合は手でなくても、同じように噛みずらくさせるものを代用できます。どのような場合でも、パピヨンが噛んだら叱る、そして噛むのを止めたら今度は褒めてあげるのが基本です。

また子犬の場合はじゃれている間に自然に噛んでしまうことが多いため、叱るのも軽めにが基本です。ダメ、というくらいはいいですが、声を大きくしたり、叩いたりしないようにしてください。

せっかくかわいいと思ってパピヨンを飼ったのに、噛まれてしまうと飼い主さんも辛いものですが、やはり状況を放置しないでパピヨンに愛情を持って接することが大切です。

愛情が無いとどうしても治りませんし、いつまで経っても危険信号が蔓延することになって、外に連れ出すこともできません。

噛んだりかじったりするのは犬の本能的行動ですので、遊びでちょっと噛むような仕草を見せても叱らないことです。他には絶対に噛まれたくないものには苦味のついたスプレーが効果的です。

もし、あなたがパピヨンを飼っていて、なかなか噛み癖が治らないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介するしつけ教材がお薦めです。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにパピヨンの噛み癖で悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間で噛み癖を止めさせることに成功しています。

ですので、下記にご紹介するしつけ法が、あなたのパピヨンをいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細をチェックしてみてください。