パピヨンの病気についてお伝えしておりますので、しっかりとチェックしておいてください。

パピヨンの病気について

パピヨンは小型犬です。

小型犬であるパピヨンがかかりやすい病気はまず「膝蓋骨脱臼」があります。

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿の部分がずれてしまって歩行が出来なくなったり、痛みが出ることもあるやっかいなものです。

膝蓋骨脱臼はパピヨンのような小型犬に多く、軽度の場合は膝の骨がずれても戻ることがありますが、重度に進行すると膝蓋骨が常に外れたままになってしまい、歩行困難の他には排便困難になってしまうこともあります。

膝蓋骨脱臼の主な原因は、運動時のオーバーな動きや、固すぎる地面が原因となる場合もしばしばですし、カルシウム分をしっかり与えていないとやはり危険も増大します。

また、パピヨンは「脱毛症」にかかることが多くあります。人間でもよく気にされる方が多い抜け毛ですが、季節の変わり目によく毛が生え変わる現象とは違います。

ストレスが原因で抜けてしまう場合もあれば、ノミやダニなどのアレルギー疾患、皮膚疾患などもよくある原因です。

原因によっても抜けてしまう部位は様々ですし、やはりできるだけ早期に獣医から診断を受けて薬剤を処方してもらうことが大切です。

また、パピヨンは「進行性綱膜萎縮症」という目の病気にもかかりやすいです。進行性綱膜萎縮症は網膜が萎縮してしまって視力が悪化し、徐々に目が見えにくくなっていきます。

もし、あなたのパピヨンが夕方以降や、暗い場所などでよく物にぶつかることが多くなったら、進行性綱膜萎縮症を疑ってください。そのまま放置してしまうと、失明してしまうこともあるので、すぐに獣医にみせることが重要です。

他に気をつけなければならないのが「熱中症」です。犬は人間のように汗腺がありませんので、汗をかいて体温調整する機能もありません。

口を開けたままで息を激しくしたり、冷めたい地面に体をつけて冷すのはこのためですが、エアコンが効いていない室内、そして車中はより危険ですし、散歩している最中のアスファルトの照り返しにも用心です。

熱中症が酷くなると嘔吐や痙攣を起こすこともあります。症状が危ないと思ったらすぐに病院に連れて行って適切な処置を受けることです。

このようにパピヨンがかかりやすい病気も様々です。やはり常に健康かどうかを確認するためには、コミュニケーションをしっかりとって上手に付き合っていくことが大切です。