パピヨンをいい子に留守番させる方法はいくつかありますので参考にしてください。

パピヨンをいい子に留守番させる方法について

パピヨンは甘えん坊な性格が強いため、留守番のしつけはなかなか大変だ、という飼い主さんも多いようです。

しかし子犬の時からしっかりと慣らせておけば問題はありません。しっかりしつけておくと、分離不安なども起こさずに留守を守るかわいいパピヨンになれます。

留守番の基本は出かける前に飼い主が、出掛けることを強調しないことです。パピヨンは飼い主がいなくなってしまうことを察すると、とても不安が大きくなってしまいます。

そして、ストレスも溜まりがちになってしまいますので、出掛けるときのコツとしては、サークルに入れてある部屋と他の部屋に行くような感じで、そっけなく出ていくことです。

また、留守番中にパピヨンが何もすることがないのも問題です。やはり、コングなどの定番のおもちゃを置いたりして気を紛らすようにさせたり、散歩をした後で出かけるのもコツです。散歩をした後は疲れてしまいますので、パピヨンも1人で休む気になるのに有効です。

パピヨンがある程度慣れるまでは、短い時間からスタートすることもコツです。10分のお使い程度から始め、30分、1時間という感じで少しずつ長めにしていくことです。

これも実践するのは大変かもしれませんが、パピヨンを少しずつ慣れさせていくことがとても大切です。いきなり長い時間留守にしてしまうと、パピヨンはとても不安になってしまいます。

また、少し慣れたてきたかなと思って油断していると、今度はいたずらが目立つようになります。ウンチが散乱してしまったり、トイレシートが破れ放題、このようなことはパピヨンが不安を解消するための行動ですので、叱ってはいけません。

何もないように片付けてしまってください。留守番をしつけるのはこのような根気のいる作業ですので、しっかり前向きな心構えをしておくことが大切です。

もし、あなたのパピヨンがいつまで経ってもなかなかいい子に留守番をしてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介するしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにパピヨンのしつけに悩んでいた延べ10000人以上の飼い主さん達が、短期間でパピヨンのしつけに成功し、いい子に留守番させることに成功しています。

きっと、この教材があなたのパピヨンをとてもいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。