パピヨンの寿命を延ばすポイントをいくつかお伝えしています。

パピヨンの寿命について

パピヨンの寿命は10年から15年程度が平均ですから、歳をとるごとに健康状態をしっかり見極めることも大切です。

例えば、パピヨンは歳を取るにつれて、血糖値が高くなりやすく、フードもしっかりと管理しなければなりません。

また高齢になると、今度は目の病気として白内障も可能性が高くなりますし、歯周病予防のためのケアをして、食事をしっかり噛めるようにしてあげることも大切です。

パピヨンは2歳ぐらいから1年で4歳ぐらい歳をとっていきます。つまり人間でいう4歳ですが、例えば生まれてから6年経てばあっという間に40歳になる計算です。

誕生日は覚えていても歳がわからない、あるいは人間と同じでまだまだ子供だな、などと思っていると失敗しがちです。

特に寿命が短い場合は1年で7歳ぐらい歳をとるパピヨンもいますので、ただ年齢相応の処置だけしていても完全ではありません。

やはり定期的に獣医に診てもらって健康状態を把握し、健康年齢についてもしっかり把握しておくのが理想です。

もちろん健康管理では寿命の短縮にも要注意です。健康で長生きできそうだ、とブリーダーにお墨付きを貰っても、飼い主さんの不注意で怪我や病気ばかりさせてしまったら、寿命も短くなってしまいます。

特にかかりやすい病気は「膝蓋骨脱臼」、この病気は先天性の場合もありますが、室内で乱暴に遊んだりジャンプしたりすると起こりやすい病気ですので、注意が必要です。

足が脱臼する病気ですが、他には地面の硬いところで足を捻ったりすることも影響しますし、やはり栄養分の不足も影響が大きくなります。症状が重い場合は外科手術が必要ですし、軽い場合もレーザーなどで治療費もばかになりません。

運動するスペースは適度な柔らかさがある場所を設け、外ではやはり公園がベストですし、ドッグフードは栄養をしっかり考えて与えることが大切になってきます。

このようにパピヨンの寿命を延ばすにも、短くするにも飼い主のあなたにかかっているということです。パピヨンと少しでも幸せのある生活を過ごすには、あながしっかりとパピヨンのことをより理解してあげることが大事です。

もし、あなたが少しでも愛犬のパピヨンと長く過ごしたいと考えているなら、当サイトでお薦めしているDVD教材を勉強することをお薦め致します。

この教材を販売しているのは、どの先生方も雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

このDVDをあなたが勉強することによって、パピヨンの正しい飼い方、しつけ方を学ぶことができますので、より一層パピヨンのことを理解することができます。

そうなれば、パピヨンの全ての行動が何を訴えているのか分かるようになりますし、何かあった時にすぐに対処することが出来るようになりますので、より長くパピヨンとの生活を送れるようになるはずです。


DVD教材は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。このDVD教材があなたとパピヨンとの生活を1日でも長く過ごすためのきっかけになると思います。