パピヨンを購入するときの選び方や注意点について

パピヨンを購入するときの選び方や注意点について

パピヨンを選ぶ際は、まず健康状態をよく確認することが大切です。お尻周辺が汚れていないかどうか、歩き方はおかしくないか、抱き上げてみて関節が変に動くことはないかなどが基本です。

またパピヨンは耳がしっかり立っているタイプのはずですが、中には垂れ気味の場合もあります。このような場合は耳の毛が多すぎる場合がありますので、毛の量を確認するのも大切です。

他には顔立ちもあります。飼い主さんによってはパピヨンであればこのような顔立ちがいい、と指定する方も多いようですが、毛色などによっても変わってきます。

始終甘えたような感じだったり、きつねのようにすばしっこそうな感じなど、顔のイメージも色々です。また子犬の時に購入するわけですから、成犬になってからの感じにも要注意です。

できれば両親の写真を見せてもらうのがベターですが、ブリーダーでない場合はなかなか難しいかもしれません。その他、サイズについてはスタンダードが対高28cm以下とされていますが、この範囲のパピヨンにも様々です。

ギリギリの体高で体重が4キロのパピヨンもいれば、その半分程度のきゃしゃなパピヨンもいます。他には毛色ですが、まず下地についてはどのようなカラーでも認められています。

また主流の組み合わせについては白茶と白黒とトライの3パターンです。白茶はやさしい感じでパピヨンのスタンダードカラーとも言えます。

白黒は印象的にもっと前に出るところがあり、高貴な犬だと思わせる雰囲気があります。そしてトライは現代的なパピヨン、現在もっとも人気が高いタイプです。

他には頭の真ん中あたりにある白い模様、これをブレーズとも言いますが、これが広すぎる場合、または耳辺りまで広がっているとミスカラーと判定されています。

ミスカラーの場合は、遺伝的な疾患につながりやすいと言われていますので、要注意です。他にはやはり耳の垂れ、そして歩き方や、元気がない感じが強いパピヨンにも注意が必要です。