パピヨンの性格について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

パピヨンの性格について

パピヨンの性格を一言で表すならば、その耳の飾り毛のように気ままな犬、といったところです。

また見た目はきゃしゃですが大胆な感じが強く、神経質なように見えても敏捷な動きを見せるのもパピヨンの大きな特徴です。


また、パピヨンは誰にでもなつきやすく、特に飼い主には甘える部分が大きくて気持ちを和ませてくれる、しぐさのかわいい犬です。そして、無駄吠えが少ないのもパピヨンを飼う上でのメリットです。

警戒心を露わにして、長い間吠え立てて近所迷惑になってしまったり、散歩をして他人に嫌がられる心配もありません。

また、パピヨンは頭も聡明で、飼い主の言うことをしっかりと理解し、常につきあっていれば気持ちも汲み取ってくれますが、飼い主さんがストレスを溜めてしまうと、パピヨンにも影響することがありますので要注意です。

パピヨンは自己主張が強いところもありますが、しつけをしっかりとして、ワガママなペットにならないように用心すれば大丈夫です。

パピヨンの頭のよさを具体的に挙げるとすれば、例えば、「散歩に行く前に名前を呼びかけて散歩しようか?」、と聞くと即座に尻尾を振って合図します。

これは人間の言葉をしっかり記憶していて先読みが出来ている証拠ですし、人の気持ちを組んで離れていたほうがよいと思ったら、自分からサークルの中に入って1人で遊んでいます。

また、たまには粗相をすることもありますが、先回りして反省のそぶりを見せたりして大人しく黙っています。

パピヨンは飼い主も家族もリーダーであり、仲間であるとしっかり認識していますので、一緒に行動してあげないとストレスが溜まってしまいます。

パピヨンは仲間外れにされることを特に嫌いますし、1人でいるのも大嫌いです。しつけ方によりますが、家族がみんな出て行って、長く留守にするとゴミ箱を荒らして汚してしまうようなこともあります。

これは寂しさの表れでありますから、やはりマメに相手をしてあげることが大切です。留守番であれば、留守番自体をしっかりしつければ慣れます。

パピヨンは飼っていてとても楽しくなりますし、とても頭が良いので、これから始めて犬を飼うという方にはとてもお薦めできる犬種です。