パピヨンの正しいトイレのしつけ方についてお伝えしております。

TOP > 関連ページ > トイレのしつけ方

パピヨンの専門サイト

パピヨンのトイレのしつけ方

パピヨンを上手に操る

パピヨンのしつけで大事なのがトイレです。やはり間違ったところに用を足されると始末に負えません。ですので、子犬の時からしっかりとしつけなければならない、大事なメニューの1つです。

まず犬の習性として、同じ場所で用を足すこと、そして寝床では用は足さない、この2つが大きなポイントです。

つまり一度習慣を付けさせれば、しっかりたどり着いて用を足しますし、寝床を汚してしまうようなこともありません。まずサークルを用意して、その中にトイレを設備します。寝床もありますがもちろん場所は別です。

ペットシーツを敷いてパピヨンが用をしたくなるのを待ち、しぐさで解ったら素早くサークルに連れて行くか、あらかじめサークルに入れておいてもOKです。

またサークル内で、用を足す場所を自分で決めるようにシーツを全面に敷いておき、パピヨンが自分で決めたところをトイレにするのも良い方法です。

こうすれば、用を足さなかったほうに寝床を設置するだけで済みます。居心地がよい場所にくつろげるよう、トイレは逆の方に決める例がほとんどです。

また、上手くできたら褒めて上げることも大切です。自発的にサークルに向かって上手に終えたタイミングでパピヨンを抱き上げて撫でてあげたり、おやつを与えたり、思う存分褒めてあげても構いません。

しかし最初はそれほど上手く行かないこともあります。例えば、サークル自体の場所をパピヨンが気に入らないケースがあります。

また、寝場所としてまわりを指定したりする時は、サークルを移動してみたり、他には室内が広すぎる場合は、シーツを複数個所に置いておくと、パピヨンもすんなり用を足してくれるようになります。

また、トイレを失敗してすぐに叱ると、パピヨンは用を足すこと自体が悪いことと勘違いすることもあります。この場合、用を足すことがいけないと判断してしまうと、我慢をしてしまうパピヨンもいます。

そうなると、病気になってしまいますので、失敗したとしてもあまり叱らないようにして、ニオイもすべて処理し、しつけをやり直すようにしてください。

もしあなたが、色々と教えているのに上手に用を足してくれないと悩んでいるのであれば、下記にご紹介するDVD教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにパピヨンのトイレで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間でトイレをしつけることに成功しています。

ですので、このDVD教材が、あなたのパピヨンをとてもいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。