パピヨンの正しい散歩の仕方はあるコツが必要となります。

パピヨンの正しい散歩の仕方

パピヨンは運動がとても大好きです。家の中でもよく遊びますので怪我にも注意が必要ですが、運動不足にならないようにすることも大切です。

運動不足になるとパピヨンはストレスが蔓延してしまって、普段の行動にも影響してきます。

パピヨンの散歩の時期としては、生後4ヶ月程度、伝染病の予防接種が済み、1ヶ月後くらいには免疫力がついていますので、この時期が妥当です。

またはじめは抱っこして連れ出すのが良いでしょう。いきなりリードと首輪をさせると、パピヨンは戸惑ってしまいますので、徐々に慣れさせるようにします。

また、外出すれば騒音の量も違いますし、景色もめまぐるしく変わりますので、最初の頃はどうしてもストレスになりがちです。

散歩の時間は15分くらいがスタートとして丁度良い長さです。コースも限定しないで、家を出てからパピヨンが行きたい方向に歩かせてあげたり、外の空気を思う存分満喫させるような方法が良いです。

また、子犬の場合はリードは無理に引っ張らないようにしてください。生後半年も経っていないと、骨が歪んだりする危険もあります。そうなると、バランスの悪い身体のまま成犬になってしまい、後々大変です。

また、草が密生しているようなところは、ダニがたくさんいたりして処理が大変ですので、避けるようにします。

成長するにつれて1日に1回、あるいは成犬になったら2回でもよい回数です。そして、飼い主のペースに合わせて歩くようにしっかり主導権を握り、先行しようとしたら待てを繰り返したり、左側につけて歩かせるのが基本です。

また、あなたの飼っているパピヨンが公園が好きであれば、公園まではリードで補助してあげ、公園についたら思いっきり遊ばせてあげるととても喜びます。

また、あまり広い公園だとパピヨンも迷ってしまうこともありますので、出来るだけ広くて、飼い主の目が届く範囲で遊ばせるのが理想的です。

このようにパピヨンを喜ばせる散歩のさせ方はいくつかポイントがありますが、もしあなたのパピヨンがなかなかいい子に散歩をしてくれないと悩んでいるのであれば、下記でご紹介するしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにパピヨンのしつけに悩んでいた延べ10000人以上の飼い主さん達が、短期間でパピヨンのしつけに成功し、いい子に散歩させることに成功しています。

きっと、この教材があなたのパピヨンをとてもいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。